Menu

能力低下や仕事の勘が鈍った時は・・・

一定期間仕事をしていないと、どうしても様々な能力が低下してしまう。
運よく他の仕事に採用されても、最大限の力を発揮できなくて、戦力として活躍できないことも少なくない。
給与をもらって働くからには、戦力として役に立たないとはいけないため、仕事に必要なスキルや勘は早面に取り戻す必要があるだろう。

ブランクがある場合、採用が決まった時から実際に勤務を開始するまでには、少し期間が空くケースが多いと思う。
そのため、プライベートの時間を利用して、どのようなスキルが必要なのかを冷静に分析することをおすすめしたい。

肉体労働系の作業の場合には、事前に体力をつけていないと後々辛くなるだろう。
また、サービスや接客などを行う仕事の場合には、丁寧な言葉遣いだけではなく、姿勢などにも十分に気を配らなければならなくなるし、IT系ならパソコンのスキルを高めておかないと、働きだしたときに苦労することになる。
どうしてもブランクが発生している方は、全盛期の時よりも能力低下を引き起こしているので、昔の感覚で作業を行うとついていけないケースが発生する。
だから、あらかじめ対策を講じる必要があるだろう。

特に長いブランクが発生している方は、著しく能力低下を起こしている可能性がある。
大変かもしれないが、勉強や復習など行うことが必要だ。
そのため、まずはどのようなスキルが衰えているのかを知り、可能であれば職務開始までに以前の感覚を取り戻すようにしてほしい。